ブログ

輻射をもっと詳しく!

地球上の熱には3種類あると以前説明しましたが

その中で、特に輻射熱が地球上の中で75%を占めています。

その正体は赤外線でした。赤外線にあたると物質は分子レベルで

振動し、摩擦熱が発生します。

 

太陽からふりそそぐのは、熱ではなく、光です。

光の中にはほかに、可視光線や紫外線などが含まれています。

その光に当たるものは、すべからく熱を持ちます。

そして熱を持ったその物質から、さらに熱線=赤外線が発せられます。

その放射された熱線のことを「輻射熱」と呼んでいます。

 

その熱がこの地球上には75%もあるといわれています。

 

輻射熱は従来の蓄熱型の断熱材では、熱移動を遅らせるだけで

阻止することはできません。時間の経過とともに建物内部に

熱線が発せられてきます。よって真夏の場合は、AM10時にもなると

グラスウールなどによる断熱材仕様の建物であれば内部に熱線が

発せられ、その熱線を受けた物質が、さらに熱くなっていき再放射され

暑さを感じるのです。

 

ちなみにその放射熱が熱中症の指標とされ、WBGT(暑熱環境温度)と言われ

5段階で熱ストレスの指針基準が定められています。

環境省 http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

 

快適さとはまさに輻射熱から影響される体感温度なのです。

 

 

 

アクセス

名古屋天白オフィス
〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並2丁目20番地 ロマンジェ3階
小島不動産合同事務所内
名古屋市営地下鉄桜通線野並駅より徒歩4分

名駅面談スペース
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19桑山ビル4階
ひろえFP社労士事務所内
JR名古屋駅(桜通口)、地下鉄・名鉄・近鉄名古屋駅から徒歩5分

お問い合わせ・お申込みはこちらまで

住まいるプロジェクト有限責任事業組合
〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並2丁目20番地 ロマンジェ3階
小島不動産合同事務所内