ブログ

住宅ローン ~借入金額による差異~

■住宅ローン ~借入金額による差異~

 

住宅ローンの返済総額が左右する3つのポイントとして、以前のこちらのブログ記事でもお伝えした通り、「借入金額」「借入期間」「返済方法」があります。

 

「借入期間」と「返済方法」については、既にお伝えしましたので、本日は「借入金額」について考え方などのポイントをお話ししたいと思います。

 

まず例で考えたいのですが、3,500万円の住宅を購入した場合に、借入額3,500万円(頭金がなし)、借入額2,500万円(頭金1,000万円)、借入額1,500万円(頭金2,000万円)で比べてみましょう。住宅ローンの前提条件としては、借入期間35年、全期間固定金利1%、元利均等返済としています。

借入額による差

ご覧いただいた通り、3,500万円の借入と1,500万円の借入を比較すると、頭金を含めた総返済額の差異は約372万円。

 

同じ3,500万円の住宅を買うのに、借入金額によって総返済額に大きな差異を生むことになります

 

この差異は金利の影響を大きく受けるのですが、金利を2%で3,500万円の借入と1,500万円の借入時の頭金を含めた総返済額の差異を試算してみると、その差は約783万円となり、驚かされます。

 

住宅ローン借入時は、頭金と借入額をいくらにするか、しっかりと検討いただきたいと思います。

 

また、住宅ローンの借入額を決める際には、住宅ローン控除を踏まえ、手元に資金を置いておく方もいらっしゃいます。

 

住宅ローン控除で年末残高の1%(上限あり)の所得税が戻ってきますので、昨今の住宅ローンの低金利な状況を踏まえての判断ですね。

 

ただし、そもそもの所得税などをいくら納めているかの確認をお忘れなく。

 

あくまでも納めた税金が戻ってきますので、納税額が少ない確定拠出年金ふるさと納税などで既に納めている税金がほとんど戻ってくる状況にある方は、住宅ローン控除があまり活用できなかったり、活用する意味すらなくなることもあり得ますので。

 

最後に、そもそも頭金があまり用意できていない・・・という方は、ご両親等に事前に相談することをお勧めします。

 

というのは、住宅取得時に親や祖父母(直系尊属)から贈与を受けた際に、一定の要件を満たせば、以下の金額までだと非課税で贈与を受けられるからです。

住宅資金贈与

この非課税の制度は、住宅取得に贈与を受け、その資金を住宅取得に充てることが要件としてあります。

 

住宅取得後に贈与を数百万円受け、こちらの非課税制度は使えず、贈与税の対象になったという話も聞きますので、ご注意を。

 

※関連ブログ記事

住宅ローンの総返済額を左右する“金利”以外のこの3つ!!

住宅ローン ~借入期間による違いと考え方~

住宅ローン ~2つの返済方法の違いを知る~

 

アクセス

名古屋天白オフィス
〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並2丁目20番地 ロマンジェ3階
小島不動産合同事務所内
名古屋市営地下鉄桜通線野並駅より徒歩4分

名駅面談スペース
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19桑山ビル4階
ひろえFP社労士事務所内
JR名古屋駅(桜通口)、地下鉄・名鉄・近鉄名古屋駅から徒歩5分

お問い合わせ・お申込みはこちらまで

住まいるプロジェクト有限責任事業組合
〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並2丁目20番地 ロマンジェ3階
小島不動産合同事務所内