ブログ

住みたいまちの考え方

住む町どうやって決めますか?

住宅購入を考えたときにどんな家や間取りに住みたいかを皆さん考えられることだと思います。
また、あわせてどんな街でどんな暮らしがしたいかも考えられることだと思います。
例えば、通勤や通学を考えて、●●沿線沿いや駅徒歩●●分、子供の転校などを考えて●●学区や普段の生活を考えてスーパー、病院、銀行などの利便施設の充実などを検討されることだと思います。

上記のような街づくりには、行政サイドの規制がかかわってくることがほとんどす。

そこで、今回は街の雰囲気を行政の規制から考えていくことにします。
街づくりには、大きく市街化区域と市街化調整区域に分かれます。この2つで実際に土地を購入して家を建てるのは多くの場合が市街化区域になります。
市街化区域の中でも7つの住居系地域、2つの商業系地域、3つの工業系地域に分かれます。

街のイメージとしては、表のようになります。

用途地域図

住宅は購入して終わりではなくあくまで新生活のスタートになります。将来、町がどう変わっていくのかの指針にもなりますので、用途地域の内容にも配慮していただくことが必要になります。

アクセス

名古屋天白オフィス
〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並2丁目20番地 ロマンジェ3階
小島不動産合同事務所内
名古屋市営地下鉄桜通線野並駅より徒歩4分

名駅面談スペース
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19桑山ビル4階
ひろえFP社労士事務所内
JR名古屋駅(桜通口)、地下鉄・名鉄・近鉄名古屋駅から徒歩5分

お問い合わせ・お申込みはこちらまで

住まいるプロジェクト有限責任事業組合
〒468-0045
愛知県名古屋市天白区野並2丁目20番地 ロマンジェ3階
小島不動産合同事務所内